So-net無料ブログ作成

おまんと祭り

高浜市の駆け馬、おまんと祭りを撮りに

名古屋駅では、爺たちは着くと、トイレへ・・・・

三河高浜駅から歩いてすぐの、春日神社境内で行われ

馬場は直径 350m程で周りを木の柵で囲んだところへ

馬を放し、駆ける馬に若者たちがしがみつき、人馬一体となり

馬場を駆け巡ります、各町内の若者たちが交代で勇壮な駆け馬が行われます

柵越しに撮るのですが、よじ登っての見物で何処も空いてる所なし

Kさんとウロウロしていると、幸運の爺様 Kさんが、うら若き女性二人と

話をして、女性たちが他へ行って帰るまで交代してくれるとか

早速よじ登り、撮らせていただきましたが、二時間過ぎても

女性達帰って来ないので、他の人と交代して、獲物を狙ってみましたが不猟。

駆け馬から離れる時が、一番危険なようで上手く離れないと、馬に後足でけられそう

また、駆け馬が早い速度なので、速度を合わせないと、弾かれていました

駆け馬が柵に沿って、ギリギリを走るので、観客にあたる事も有ます

駆け馬から落とされて、打ちどころが悪いと、担架で運ばれる方もありました

最後に高浜名物 ? 鳥めしの販売もあり、大賑わいでした

DSC_3176.JPG

DSC_3360_01.JPG

DSC_3392.JPG

DSC_3520.JPG

DSC_3547.JPG

DSC_3576.JPG


DSC_3720.JPG

DSC_3952.JPG
nice!(74)  コメント(11) 

あの対応でよかったのか

どうも30年ほど昔の事ですが、時々思い出して「あの時あれでよかったのか?」と

多摩ニュータウンに住んでいて、自宅は多摩センター駅から徒歩15分程

会社へ顔を出すのは、月曜日だけなので、報告や打ち合わせをして、電車で帰宅

多摩センター駅に着き、冬の寒い日なのでバスで帰宅する事に、

バス停には人が並んでいるので、列の後ろに並び冷たい風が身にしみる (>_<)

バスが来てゾロゾロと乗り込み、最後席に座り発車を待っていたところ

発車間際に目の不自由な女性が白杖をついて乗ってきた

「私は目が見えないのに誰も席を譲らない」

大きな声で・・・・・・・

確かバス停から離れた風のあたらない所のベンチに座り、お菓子を食べていた方でした

誰も何も言わない、無視している・・・・・・・・

一人のご婦人が席を譲ってあげてましたが、お礼も言わないし、ブツブツ文句を

言ってる模様。

翌週も、バスで同じ事が起こったが、同じように「目の不自由な彼女」ベンチで

お菓子を食べていて、発車間際に乗ってきて「私は目が見えないのに・・・・・」

同じように、今度は若い女性が席を譲ってあげてましたが、やはりお礼は無く文句だけ

この時率先して、席を譲ってあげるのが良かったのか?

「お菓子を食べてないで並べば」と思っていたけど、

「彼女はあの時間にお菓子を食べなければ、体調が悪くなるのかも」

さてさて、どうしたら良かったのか?


0e0badbe3b833c446e9e4830ea6e4710[1].jpg
メッセージを送る