So-net無料ブログ作成

お墓参り

故郷の家も解体処分して、お墓参りにも帰っていません

もっぱらお墓の管理は、兄一家にお任せしています

子供の頃は、お盆になると母方の祖父母のいる実家へみんな集まり

従妹連中に会えるのが楽しみでした

母の男兄弟二人が、先の戦争でシベリヤとビルマ(ミャンマー)で亡くなり

二人とも遺骨も帰らず、お墓参りに集まった母たちは亡き二人の話をしてました

終戦後はお隣のお屋敷に、進駐軍が駐留して親切にしてもらったとか

農作業で荒れた手を見て、今風だとハンドクリーム?を持って来てくれたとか

今思うと敵の若者たちを祖父母はどんな気持ちで、進駐軍に接しいたのでしょうか。

最近祖父母の歳に近づき、靖国神社を亡き二人の息子の拠り所にしていた祖父母の

気持ちが少し分かってきました。

はす.JPG

nice!(98)  コメント(12)  トラックバック(0) 

nice! 98

コメント 12

侘び助

人と戦争とは違いますね。 なんだかほっこりとするお話ですね。
私も小学4年が終戦でした。京都の親戚に親しくなった進駐軍の人が
遊びに来ておトイレの戸を壊してしまった話を聞きました。
外人さんはドアーで無い引き戸のトイレから出られなかったそうでした^^
by 侘び助 (2017-08-07 18:02) 

kohtyan

間もなく終戦記念日、当時の方々の多くは亡くなりましたが
あの戦争の記憶は、風化してしまったらいけませんね。
by kohtyan (2017-08-07 18:23) 

なんだかなぁ〜!! 横 濱男

いつまでも平和が続きますように。。

by なんだかなぁ〜!! 横 濱男 (2017-08-07 19:58) 

いっぷく

コメントありがとうございました。
この炎天下に神輿を担ぐのは
たしかに苦しいのでしょうが、
みなさんいい表情で担いでいますよね。
祭りが好きな人って多いんだなあと思います。
by いっぷく (2017-08-07 20:48) 

green_blue_sky

小さい頃はみんなで集まると楽しかった思い出が多いですね。
暑い日が続きますね。家の中にいても熱中症になりそうです(^▽^;)
わんことの散歩、涼しく、木陰を歩いてください。
by green_blue_sky (2017-08-07 21:01) 

裕々

私は戦後世代ですが、戦時中の言論統制と新聞による世論操作に恐ろしさを覚えます。
(今の新聞も世論誘導がひどく、自社に不都合な事実を伝えない点では昔とほとんど変わりませんが)


by 裕々 (2017-08-07 21:33) 

旅爺さん

戦争の想い出は長く尾を引きますね。
6日の原爆記念日には爺も黙祷しました。
by 旅爺さん (2017-08-08 08:39) 

すーさん

戦争のない時代に生まれ育ちました。
人に殺されたくないし殺したくもありません。
こんなことくらいしか言えませんが(情けない)。
理由が複雑すぎて考えれば考えるほどわからなくなる戦争。
子供の頃は自分が成長して大きくなってる頃には
いい加減全部収まって平和になってるだろうと思っていました。
ワタスが永眠した後も
多分ドンパチ変わらずやっているんでしょうねぇ…切ないです。
by すーさん (2017-08-08 09:24) 

majyo

私も母方の伯父二人を亡くしています
今もその話になると母は泣きます。
戦争は風化させてはいけないです。
敵も味方もありません。勝った方が正しい事もありません
始めてはいけないのです。
8月は重いですね
by majyo (2017-08-08 11:53) 

Hide

私の故郷の実家も、そろそろ解体をと考えています。父が96歳で
4年前に亡くなりまして、私達4人の子供も年を取り今では自由に
帰る事も出来ません。子供の頃は、親戚中が我が家に集まりました
ので母も休む間も無く動いていましたが、20年程前にガンで亡くな
り既に家には誰も・・・解体には問題が多すぎて暫く手付かずです。
仏壇は誰が・・・等々、暫くは大変です。
by Hide (2017-08-08 15:01) 

YUTAじい

こんにちは。
私の父は今年91歳で亡くなりが満洲での戦争の話は殆どしませんでした。
騎西城は鹿島建設でした。
by YUTAじい (2017-08-08 17:19) 

沈丁花

涙で字が見えなくなりました^哀しい辛い過去を思うとき涙無しには語れませんね。。。72年も経って尚一層思いを
深く感じます。お墓参りができて良かった!有り難うございました。
by 沈丁花 (2017-08-09 06:59) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

メッセージを送る