So-net無料ブログ作成
検索選択

団塊の世代

70歳になれば、国民健康保険の自己負担額は一割負担と思ってましたが (`_´)ゞ

何と、二割負担に変わっていた、しかも誕生月の翌月からなんて、ナンテコッタ。

昭和19年4月2日以降生まれは、二割負担〜〜〜 医療費負担金少なくなると思ってたのに。

我ら年代は、小学校入学で 一クラス57人で13クラスでした、マンモス校で古い木造校舎

競争は凄まじく、入試も大勢、入社試験も大勢 競争はズーットついて回り、一生変わらずです

小学校の先生も軍隊帰りの方もいました、結構荒く 殴ったり蹴飛ばしたりと、今では考えられない

家で親に、「先生に殴られた」と、言っても

お前が悪い事をしたからだろうと、また 家でも叱られる

現役時代は景気が良く、全て登り坂の社会だったのが救いかな

その会社も、定年前には息切れして、資産をどんどん売却

懐かしの独身寮も無くなり、定年後再雇用も期間が半年になったりと

早く退社してよかったかも、その後 我が弱小事業部は滅亡してしまい

会社は、社内の不採算部門は切り捨てて、何とか生き延びている。

木造.jpg
フリー素材からお借りしました





nice!(73)  コメント(11)  トラックバック(0) 

nice! 73

コメント 11

green_blue_sky

医療費負担が増加し、2割負担になったようです。
猫は目で訴えて人間をコントロールします(^▽^;)
鉢のアジサイ、これから楽しみですね。
by green_blue_sky (2017-05-22 16:30) 

Hide

二割負担組です><
中学では一クラス55人のFクラスでしたので少ないですね!
小二から書道、毎夜殴られていました・・・やれやれです。
by Hide (2017-05-22 16:36) 

旅爺さん

医者通いしてるのに医療費が2割負担になったのは辛いです。
昔問いまでは子育て方法が大分違ってますね。昔は良かった、です。
by 旅爺さん (2017-05-22 17:39) 

majyo

70歳になられましたか。
私でも一クラスは55人でした。
体育の先生なんて、ぶっとばして殴っていました。
今では考えられないですね
by majyo (2017-05-22 18:58) 

なんだかなぁ〜!! 横 濱男

昔は、一寸悪いことすると、殴られて当たり前。
だから、痛いから良い子してましたね。(^▽^)
1割かと期待していたのに。。

by なんだかなぁ〜!! 横 濱男 (2017-05-22 19:52) 

裕々

クッキーさん、物は考えようです。
2割負担になったのは痛いけど、我々団塊より下の世代の人はもっと厳しいです。
団塊の世代は辛いことや厳しいことをたくさん経験してきたと実感しますが、その前後の世代と比べたらましかもしれませんよ。
by 裕々 (2017-05-22 21:18) 

いっぷく

私のときも45人の6クラスで、ベビーブームと言われました。
今は25人の2クラスで、25人を切るとクラスが1つ減るからと
校長が必死に地域外の子でも引き受けています。
「失われた○年」はしっかり実感していますが、
「上り坂」はなんとなく過ぎてしまいました。
by いっぷく (2017-05-23 08:29) 

馬爺

思い出しますね、一クラス60人でしたね、それで小学校が12クラス、中学校が14クラスでした。
老人が増えて医療費負担が増加するばかりですからね、待合室での会話に元気?元気だよと離しているんですがなぜ病院にと思いませんか?
病院で与えられる薬もスーパーの袋みたいなのに一杯入っているんですからね、薬飲めばいいってもんではないと思うんですがね。(^_-)-☆
by 馬爺 (2017-05-23 10:39) 

kohtyan

高度成長時代でしたから、救われましたね。
職場環境は劣悪、超過残業当たり前、パワハラ、など今の世代では
考えられないでしょうが、今、思えば懐かしくもあります。
by kohtyan (2017-05-23 10:47) 

JUNKO

自分が病気になって医療の矛盾をいろいろ考えます。
by JUNKO (2017-05-24 20:50) 

MINERVA

やはり、人口の減少問題が大きいと思われます。
私は第二次ベビーブーム世代に入りますが、自分が定年を迎えた後が怖いですよ。
今でも学校の先生じゃ「怖い存在」と記憶に残りますが、私の場合は祖父の方が厳しかったです。

by MINERVA (2017-05-26 12:39) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
メッセージを送る